10
11月

プロミスは返済方法もサポートも充実

プロミスは返済も自由自在、遅れるリスクを最小限にしっかりと返済スケジュールをサポートし続けます。
プロミスの返済方法は実に7タイプ、お好きで便利な方法を選んで返済することができますね。
まずは最近消費者金融の利用法としてメインとなりつつあるインターネット、これはパソコン、ケータイ、スマホなどご自分の利用しているツールをどれでも使うことができます。自宅から、出先からさっと返済できる、思い立ったときにできますので、「あとで返済しようと思っていたら期日が過ぎてしまっていた。」なんて言う失敗も起こりません。
他には全国に充実しているプロミスATMからも返済できます。手数料がかからないこと、駅前などにあったり、駐車場があったりと立地条件がよいこと、すぐに返済できることなどから根強い人気があります。ちょっと立ち寄って返済できる、というのも繰り上げ返済や随時返済に使いやすいと考える人も多いようですよ。
さらにお客様サービスプラザと呼ばれるプロミス店舗でも返済可能です。相談することができますので、安心して返済することができます。金融機関などプロミスのステッカーが貼ってある提携ATM、コンビニATM、銀行振り込み、口座振替での自動引き落としといった方法も利用することができます。
もちろん返済がスタートしてから、自分が便利のよい方法に変更することも可能です。口座振替などは、インターネットの会員ページから申し込みもできますので便利ですね。

No comments yet

8
11月

即日融資可能なカードローンの選び方〜借入期間〜

即日融資可能なカードローンを利用する場合に限った話ではありませんが、カードローンを選ぶ際、借入期間によっても選ぶカードが違ってきます。
例えば給料日やボーナス日が目前なのに、お金が足りない!お金が入ったらすぐに一括返済しようと思っている、といった場合は、無利息期間のあるカードローン、次のお給料が入っても一括返済は無理!数ヶ月〜数年にわたり少しずつ返済していく予定!という場合は金利が低いカードローンを優先して選ぶと良いと思います。また、毎月ギリギリの生活を送っている状態での借入なのできちんと完済することが出来るか正直不安!だけどとにかく今お金が必要なので融資を受けなければ……といった場合は、最低返済額が少なめに設定されているカードローンを選び、確実に返済していく方向で考えるのが良いでしょう。
ちなみに、一言に「無利息期間のあるカードローン」といっても条件は様々で、初回利用者限定で初めて借入を行った日から〇日間もしくは〇〇日間無利息のカードローンもあれば何度でも〇日間もしくは〇〇日間無利息!といったカードローンもあります。
ですから、一時的に借りてもすぐ返済出来、その後借りることは無いだろう、という方なら数日もしくは数十日間無利息期間のあるカードローンを選ぶと良いでしょうが、給料やボーナスが入った時に一括払いしてもまた次の給料日前にはピンチを迎えそう!繰り返し借りる可能性がある!という方の場合は、何度でも無利息!の人気の即日キャッシングを選ばれるのが賢明かと思います。

No comments yet

8
9月

消費者金融での審査について知りたい!

消費者金融を利用する際には、必ず行われるのが、「審査」です。
しかし、実際には何を調べるのかは、ちょっとわからないところがあるのではないでしょうか。
みなさんは、信用情報機関というものをご存じでしょうか?
信用情報機関というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を集めて情報を金融機関に提供する役割を持っています。
そこで扱われている内容は、大きく分けて、3つあります。
まず、いわゆる“個人情報”といわれる、氏名、生年月日、性別、電話番号、さらには勤務先、勤務先の電話番号など、個人を特定する目的で扱われる情報が一つです。
そして、金銭の借入に関する情報。契約に関わる情報借入日、その金額、入金履歴、その残高、完済日などです。また、他の金融機関から借入がある場合はこの履歴も審査の対象となります。
そして最後に、金銭でのトラブル事故情報(いわゆる“ブラック”ということです)。返済期日から滞納している日数、金額、そして自己破産や債務整理などの履歴。
消費者金融の融資契約やキャッシングの申請などの審査には、以上の3つのことについて、調査されるのです。
通常は、他の金融機関や消費者金融で、金銭トラブルがあった場合には、契約はできないはずなのですが、悪質な裏金融のような業者は、債務整理された人をねらって高利での融資話を持ちかけることもあるようです。
消費者金融はビジネスでお金を貸しているのです。きちんと返済できる能力のない人にお金は貸したくはないはずです。明らかに返済能力がないとわかっているのに、お金を貸してくれるような、ヤミ金などに手を出せば、恐ろしいことになるのは、目に見えていますよね。

No comments yet

7
8月

市役所でお金を借りることが可能

市町村役場で、困った際にお金借りることができます。
生活に困った時には、まず、行政窓口に相談、を心がけると良いかもしれません。
最近では民間のサービス業者が多くなっていて、確かに行政サービスで不十分な点を補っていますが、サービスを受けるにもお金が必要です。そのお金が工面できない時には、最低生活水準の維持(生活水準は土地ごとに違います)のために奉仕している公的機関を頼るのが一番です。

市町村での公的融資を、「生活福祉金貸付制度」といいます。
母体である社会福祉協議会は厳密には国の機関ではありませんが、法令に基づき施行されている、市町村役場を窓口とした実質的な公的制度といえます。

お金を借りる、といっても、世間一般の消費者金融のような、「50万円まで即日融資」「ネットでOK」「審査は最短30分」にはどれにも当てはまりません。
まず、窓口に相談に行かなければなりません。面談は必須です。
融資が必要だと判断されても、書類審査には一週間以上かかりますし、金額も融資の種類で違いますが、数十万円レベルです。
それでも、魅力は金利の低さです。金利は2%前後となっていますし、状況によっては無利子です。
相談しない手はありません。

ただし、公的機関の信用基準は高いので、借りる側に借金が既にある場合は貸付できません。
借金に借金を重ねることはさせないのです。
そうした場合は、自己破産などの手続き窓口や相談窓口を別に紹介されると覚悟しておきましょう。ですが、相談しておいた分、行政側で見守る姿勢は持ってくれるでしょう。

No comments yet

30
5月

銀行でキャッシングは個人でもできる

最近の銀行は個人でも融資を受けることが難しいものではありません。
銀行でキャッシングをしている方は年々増えています。

消費者金融はグレーゾーン金利撤廃によって、そしてその過払い金返還によって大きな打撃を受けました。
覚えている方も多いかもしれませんが、一時期テレビのCMでも消費者金融を見かけることはなかったものです。
自粛、それが消費者金融がとった方法です。
消費者金融が使えない状況となり、しかし世間は今までと変わらずに流れています。
お金を借りることが必要になる方も少なくはないでしょう。
そこで知名度を増してきたのが銀行のカードローンです。
銀行カードローンは金利も低く、しかしデメリットがあるものの消費者金融が影を潜めたとき、銀行は大きく世間に浸透することとなりました。

銀行といえば借り入れ金額が大きく、少額キャッシングはできないだろうと考えられているかもしれません。
しかし今の銀行は借り入れ金額も小さく1万円や10万円からとなっているところも多くなっており一般的なキャッシングとしても利用していくことができます。

メガバンクと呼ばれる銀行もあり、インターネット専業銀行もあります。
銀行の形がさまざまあり総量規制のような取り決めがありませんのでその利用条件や利用に関する金利などは大きく違いがあるのが特徴となっています。
ひとくくりに銀行と考えるのではなく、それぞれの銀行の形があるのだとしっかり比較していくことがとても大切になります。

No comments yet

Back to top